Asteroidal occultation Prediction


【注目】2021.10.04 02h03m JST 恒星 :UCAC4 646-021974 12.0等 (=GSC 2894-00131) 赤経 04h 50m 35.205s 赤緯 +39°05' 11.25"(J2000) ぎょしゃ座とペルセウス座の境界付近 小惑星:(3200)Phaethon 18.5等 推定直径 5〜6km 減光 :約 6.5等 継続時間 最長 0.64秒 掩蔽帯:三重県〜山口県北部 ランク:99ポイント ランク=減光の観測される可能性を示す指標。高ポイントほど確率が高い。 備考 :ふたご座流星群の母天体。小型。 Steve Preston(IOTA)による改良予報 掩蔽帯経路図,詳細データ 等 John Irwin(IOTA)による標高を考慮した掩蔽帯(Google Earth) 掩蔽帯のグーグルマップ (update 2021.9.4) 中央のラインから、予報中心線(赤),掩蔽帯北限と南限(紺色),予報誤差3σ(緑),配置のための1kmマージン(橙)
この観測の重要性について JAXA・千葉工業大学が計画を進めている小惑星探査ミッションDESTINY+の サイエンスチームより、この観測にご協力いただける方を求めています。 JAXA DESTINY+ミッションの概要 千葉工業大学 深宇宙探査技術実証機DESTINY+ この小惑星はふたご座流星群の母天体として知られていますが、JAXA では探査機による観測に先だって、恒星食の観測から小惑星の正確な 大きさを得ることを計画しています。しかし、小惑星の直径が約5〜6km と小さいために、多くのチームにて布陣する必要があります。
Star :UCAC4 646-021974(=GSC 2894-00131) (mag12.0) Asteroid : (3200)Phaethon (mag18.5) # カペラ(赤経 05h16m41.46 赤緯 +45°59' 44.4" (J2000))からの差 # 赤経差 -0.43507h = -26m 06.255s # 赤緯差 -6.90921°= -6°54' 33.15" 広域星図 The SKY 6 により作成 視野2度平方 The SKY 6 により作成 視野30分平方 The SKY 6 により作成 視野30分平方 Digitized Sky Surveyより取得(ステラナビゲータ11利用)
観測に成功されたら...
観測に成功されましたら、
DESTINY+ サイエンスチームまたは、早水勉までご報告をお願いいたします。観測されましたデータは、JAXA DESTINY+ ミッション 他、広く公開され星食の研究に役立てられます。
早水勉への報告先

必要なデータは、以下です
[(3200)Phaeshon観測のための特記事項]は、DESTINY+ サイエンスチーム参加者のための特記事項です。

1.観測者氏名および氏名のローマ字表記   [布陣計画のライン番号も付記下さい]
2.観測地および観測地の経緯度と標高,測地系
    [経緯度は、0.1"の桁まで必要。標高は、国土地理院の地図から取得して下さい。標高は1mの単位まで必要です。GPSの標高は精度が不足しているため。]
3.観測開始と観測終了の時刻
4.減光が観測されたか? 減光が観測されなくとも重要なデータです。
5.減光がおきた場合の時刻:減光開始の時刻および減光終了の時刻
  [フレームの時間分解能][GPSによる絶対時刻が得られない場合は時刻の精度]を付記して下さい。
6.観測機材
7.時刻保持の方法

です。観測は眼視によるものでも重要なデータとなりますが、可能な方は、是非 ビデオによる観測をお願いいたします。時刻保時のためには、極力、GPS時計、 短波時報(外国)などの正確な時報を用いてください。固定電話による117時報も 0.03秒程度の信頼性があります。携帯電話の時報、電波時計、は1秒以下の遅 れがありえますので、前述の時報が得られない場合に使用してください。