Asteroidal occultation by (98943)2001 CC21


【注目】 JAXA はやぶさ2拡張ミッション は、2023年1〜3月 小惑星(98943)2001CC21 による恒星食の観測を求めています。 この観測には、多くのアマチュア観測者の協力が必要です。恒星食観測の経験のない方の参加も歓迎しております。 観測方法, 小惑星による掩蔽観測の観測機材と方法(by 山村秀人氏)(更新 2023.1.21) この観測では、30ミリ秒(0.03sec) よりも速いシャッタースピードとフレームレートが必要です。 予報中心時刻に対して、+/-30秒(計60秒)以上の録画が必要です。 LEDの秒信号点滅を記録する場合は、さらにこの前後にそれぞれ30秒以上録画して下さい。  0.1秒減光のシミュレーション映像(by 渡辺裕之氏)(掲載 2023.1.30)  極めて短時間の消滅が分かります。 問い合わせ,報告先 この観測にご興味ある方は、JAXA 2001cc21チーム にお問い合わせください。また、観測の報告先も同じです。
この観測の重要性について 小惑星(98943)2001CC21は、JAXAによる小惑星探査 "はやぶさ2" の拡張ミッション対象天体です。 探査機は、2026年7月に、この小惑星をフライバイ観測します。 JAXAでは、2001CC21フライバイまでにできるだけ多くの情報を得るために、この現象の観測を推進しています。 JAXA はやぶさ2プロジェクト この小惑星による恒星食を観測することによって、小惑星の軌道改良と小惑星の大きさ・形状の取得を目的としています。
2023年1〜3月に日本付近起こる (98943)2001 CC21 による恒星食 この期間には好条件の恒星食が続けて起こり、観測の重要なチャンスです。4月以降には条件の良いものは見当たりません。 (予報更新: 2022/12/19) 赤文字の現象は、全国キャンペーンを予定しています 参加をご希望の方は、JAXA 2001cc21チームにご連絡ください。
日付日本時対象星等級最大継続時間減光等級地域備考全国観測キャンペーン
1/1023時51分UCAC4 604-04616411.90.14秒5.2等近畿(結果)(更新1/16) 予報(更新1/2)
予報時刻
熊野 51m02s/大阪 51m25s/鳥取 51m55s
2/618時29分TYC 3797-01314-111.30.11秒4.9等東北(更新1/16)予報(更新1/16)
2/619時43分HIP 418057.70.11秒8.5等近畿-九州北部(更新1/14)詳細ページ(更新1/14),好条件1月16日より参加受付を開始
2/826時46分TYC 3799-00311-19.30.11秒7.0等東海,関東,北陸(更新1/14)詳細ページ(更新1/14),好条件1月16日より参加受付を開始
3/521時46分TYC 4082-00763-110.10.15秒7.1等四国,中国詳細ページ好条件2月中旬より参加受付開始予定
3/921時47分UCAC4 756-03103111.40.15秒6.0等中国詳細ページ2月中旬より参加受付開始予定
3/2620時45分HIP 10366(=6Per)5.10.15秒13.9等九州南部詳細ページ好条件2月中旬より参加受付開始予定
小惑星2001 CC21による星食帯。恒星食帯の幅はわずか600 〜 700mしかなく、このマップでは線の太さほどしかない。緑線は誤差(1σ)で、この範囲内で68.2%の確率で星食が起こる。 期間中に恒星食の起こる位置 ステラナビゲータver.11 により作図

観測に成功されたら...
観測に成功されましたら、
JAXA 2001CC21チーム または、早水勉までご報告をお願いいたします。観測されましたデータは、JAXA はやぶさ2 ミッション 他、広く公開され星食の研究に役立てられます。
早水勉への報告先

必要なデータは、以下です
[(98943)2001 CC21 観測のための特記事項]は、はやぶさ2チーム参加者のための特記事項です。

1.観測者氏名および氏名のローマ字表記
2.観測地および観測地の経緯度と標高,測地系
    [経緯度は、0.1"の桁まで必要。標高は、国土地理院の地図から取得して下さい。標高は1mの単位まで必要です。GPSの標高は精度が不足しているため。]
3.観測開始と観測終了の時刻
4.減光が観測されたか? 減光が観測されなくとも重要なデータです。
5.減光がおきた場合の時刻:減光開始の時刻および減光終了の時刻
  [フレームの時間分解能][GPSによる絶対時刻が得られない場合は時刻の精度]を付記して下さい。
6.観測機材
7.時刻保持の方法

です。
観測はビデオによる観測をお願いいたします。減光は最長でも0.1秒しか見込まれていません。従ってこの観測のためには、 惑星撮像用の高感度CMOSモジュールを用いた動画で、30ミリ秒よりも早いシャッタースピードが必要です。 動画は観測後の解析のためにAVI形式で保存することが推奨されます。
時刻保時のためには、極力、GPS時計、短波時報(外国)などの正確な時報を用いてください。 固定電話による117時報も 0.03秒程度の信頼性があります。携帯電話の時報、電波時計、は1秒以下の遅れがありえますので、 前述の時報が得られない場合に使用してください。
撮影したビデオは、確認するためにご提供をお願いすることがあります。


関連のサイト
JAXA はやぶさ2拡張ミッションJAXA 小惑星 2001 CC21 を観測しよう
日本公開天文台協会(JAPOS)「小惑星2001 CC21」を観測しようキャンペーン
アストロアーツ「はやぶさ2」拡張ミッション応援!目標の小惑星による恒星食を観測