本文へスキップ

HAL星研 は、早水勉の運営するサイトです

トップTOP Page

HAL星研 について About "HAL Astro Labo"

HAL星研(Hayamizu Astro Laboratory)は、早水勉の運営するサイトです。プロの天文研究とアマチュアのつなぎの領域に生息しています。アマチュアの観測成果をプロの研究者に橋渡ししたり、天文普及活動にも力を入れています。得意分野は、位置天文学,星食観測,天文史,電子回路設計 です。

「天体観測手帳2021」発売中です

毎年好評の「天体観測手帳」2021年版です。毎月&毎週の星空イラストと天文イベントを非常に美しいカラーイラストと写真で楽しめる,いままでにない「天体観測」のための手帳です。発売中!
正誤表(更新 2020.10.29)


技術評論社「天体観測手帳2021」のサイト


「星空の教科書」好評発売中です

星空を基礎から知りたい人に最適の書籍です。星図の見方から天体の動き,星座の見つけ方など,一通りの基本をやさしく解説したオールカラーの「星空の入門書」です。天体観測手帳シリーズの副読本として、また、天文学の入門として。ぜひ一冊お手元にどうぞ。
技術評論社「星空の教科書」のサイト


新着情報 What's new

星ナビ2020年11月号「星空未来カレンダー2021-2040」 (掲載:2020/10/2)

月刊星ナビ創刊20周年企画。保存版特別付録。将来20年間に起こる天文現象の小冊子を担当しました。

2021年の主な天文現象 の一覧 (掲載:2020/5/1)

2020年の主な天文現象 の一覧 (掲載:2019/5/13)

GPSシステムの週番号ロールオーバーに伴う誤動作について
2019年4月7日に米国国防総省の運用するGPSシステムの時刻情報が初期化(週番号のロールオーバー)されたことにより、受信機が誤動作するトラブルが発生しています。 この問題ついて、ドキュメントをまとめましたので次のリンクからご参照ください。(2019.4.16)
GPS利用 高精度タイムインポーザ GHS−OSD

IAUネーミングスター/従来と異なる星の固有名 を公開

IAUネーミングスター/従来と異なる星の固有名 のページを追加しました。国際天文学連合ネーミングスターにより、星の固有名の公称化の作業が進められています。 これらの中には、従来から普及している名称とは異なっているものも散見され、これらをまとめました。(2019.2.27)

小惑星による恒星食の新着情報

2020.11.27 小惑星による恒星食の観測成果一覧を更新しました
2020.11.27 小惑星による恒星食の予報2020年12月を更新しました
2020.11.24 小惑星による恒星食の観測成果詳細を更新しました
2020.11.22 小惑星による恒星食の予報2021年1月を更新しました
2020.10.15 小惑星(3200)Phaethon による恒星食予報/2020年〜2025年 を更新しました
2020.3.18 2021年の小惑星による恒星食にPreston氏の年間予報を掲載しました
2020.3.6 2021年の小惑星による恒星食の初期予報を掲載しました